19/08/2022
Breaking News

看護師が起こしやすいにミスと対処法

看護師が業務で起こしやすいミスの一つが思い込みによる自己判断です。多忙になりがちな看護師の仕事ではそれぞれが自分の業務を全うすることに力を注いでいます。看護師の中には先輩や上司が忙しく働いていることに委縮をしてしまって質問ができず自分の判断で行動してしまうケースも少なくありません。自己判断が良い結果に繋がれば問題はありませんが、医療ミスになった場合、患者の命に関わることもあります。確実に仕事をこなすためにも、些細な疑問でも確認をして解決することが基本となります。質問をする時は相手の仕事を中断させてしまわないようにタイミングを見計らうことが職場の人間関係を悪化させない秘訣です。どんなに仕事ができる優秀な人間であっても時にはミスをすることもあります。ミスをすることが悪いわけではなく、大切なのはその後の対応です。叱責されることを恐れてミスをしたことを誤魔化そうする、他人のせいにしようとするといった言い逃れをする人も少なくありません。看護師の仕事に限らず失敗をした時にそれを素直に認めずにいると信頼を失うことになります。同僚や上司からの信頼を失えば職場に居づらくなりかねません。ミスをした時は指摘される前に自分から報告をして経緯の説明と謝罪をすることが社会人の基本です。この時に失敗を過去のこととして忘れてしまうといつまで経っても成長できませんよね。原因を突き止めて改善策を自分で考えることが看護師としてのキャリアアップに繋がります。